意識高い大学生=読書

意識高い大学生=読書

大学在学中に100冊読破を目指すブログです

どっちかっていうと、意識低いです。           

ホームズの恋 「怪盗ルパン真犯人を追え!」

こんにちは、しがないです。

 

前回ですっかりルパンシリーズの虜となってしまった僕ですが、幸運なことにあと3冊もルパンシリーズが残っていたので一気に読んでみることにしました。

 

12冊目は青い鳥文庫の「怪盗ルパン真犯人を追え!」です。

 

怪盗ルパン 真犯人を追え! (講談社 青い鳥文庫)

怪盗ルパン 真犯人を追え! (講談社 青い鳥文庫)

 

この本は3編の短編小説で構成されており、

  1. 真犯人を追え!
  2. 奇怪な古城
  3. ユダヤのランプ

のラインナップです。

 

あらすじ

  1. 真犯人を追え!

アンジロ伯爵夫人が大切にする黒真珠を狙う怪盗アルセーヌ・ルパン。忍び込んだルパンが見たものは黒真珠ではなく一人の遺体。一転して、怪盗から殺人の容疑者となってしまったルパンは真犯人を探し出し、黒真珠を手に入れることができるのか…

     2.奇怪な古城

ティベルメニル城の主人、ドバンヌはルパンからの不敵な挑戦状を受け、シャーロックホームズを招き入れる。ティベルメニル城に伝わる抜け道の伝説を解き明かし、ルパンの犯行を止めることはできたのか…それとも…

  3.ユダヤのランプ

イギリスのシャーロック・ホームズのもとへ2通の便せんが。1つは盗難事件の捜査をホームズへ依頼するもの。そしてもう1つはなんとルパンからのもので、盗難事件の捜査に対しての警告文が。3度目の対戦となる今回の事件の結末ははたして…

 

 

感想

「ルパン対ホームズ」を読んだあとだったので、ホームズが出てきても違和感なく、むしろ楽しんで読むことができました。

 

今回の作品の中でルパンは本のタイトルにもあるように、真犯人を探す、いわば探偵のようなことをします。

 

本来敵の商売でもある探偵業ですが、さすがそこはルパン。冷静な判断力、思考力で真犯人を見つけ出してしまいます。

 

もう才能の塊ですね。

 

ルパンが探偵事務所を開業したら、ホームズの商売あがったりな~んてことも…!?

 

ルパンがすごいのはただ真犯人を見つけ出すだけではなく、ちゃっかりとお宝も奪い去るところ。

 

根っからの盗人根性がうかがえます

 

 

第2編、3編ではルパンの宿敵、シャーロック・ホームズが登場します。

 

まー、このホームズがルパンに対してライバル心むきだしなんですけど、そのルパンを思う心は敵対関係を通り越してまるで恋人のよう…♡

 

ホームズ君。暇さえあればルパンのことを思い続けています(笑)。

 

なんだか…┌(┌ ^o^)┐ホモォ…

 

 

まとめ

 ホームズはホモ。